株式会社ベルローネは、縮毛矯正・パーマを中心としたサロン専用品を開発販売しております。「自然なストレート」「ダメージレスパーマ」をテーマに商品をご提供。

新製品

カテゴリー

facebook

モバイルサイト

スマートフォン対応 http://bellone.co.jp/

左のQRコードからもアクセス出来ます。

プロセス 1 【カウンセリング】

カウンセリング

ヘアカラー歴
パーマ歴
縮毛矯正歴
ホームカラー歴などの問診
ダメージ度合いの見極め


プロセス 2 【プレシャンプー】

プレシャンプー

シャンプー後、タオルドライ


プロセス 3 【前処理】

前処理

AQUA-Diu20倍希釈水を毛髪全体に塗布
(例、AQUA-Diu+水=5+95)
ダメージに応じて『W CMC』


プロセス 4 【『Re』 塗布】

『Re』 塗布

既ストレート部分に塗布
(新生部には塗布しないで下さい)

保湿性に優れています。


プロセス 5 【1剤 塗布】

1剤 塗布

髪質に合わせた薬剤を根元から1cmあけて塗布

塗布量に注意してください。


プロセス 6 【自然放置】

自然放置

ラップをして、放置します。
(目安は15分程度)

ダメージ部分は放置時間に注意


プロセス 7 【軟化チェック】

軟化チェック

結び目が戻るようなら軟化不足

1.5~1.8倍に伸びれば軟化OK
部分的に軟化を止めたい場合は、CCMバッファの原液を霧吹きしてください。


プロセス 8 【中間処理】

中間処理

『CCMバッファー』
10倍希釈水をチェンジリンス
※髪のphを徐々に戻します。

ネープの折れ毛に注意。


プロセス 9 【『W CMC』塗布】

『W CMC』塗布

しっかりタオルドライ後、髪全体にしっかり塗布

よく振って使用ください。
3~4cmスライス幅で塗布


プロセス 10 【『CCキト』塗布】

『CCキト』塗布

『CCキト』5倍希釈
(例、CCキト+水=20+80)

3~4cmスライス幅で塗布コームでなじませてください。


プロセス 11 【ドライニング】

ドライニング

従来の8割前後までドライ

毛先のオーバードライに注意。


プロセス 12 【アイロン操作】

アイロン操作

140~160℃で素早く丁寧に処理します。

毛先は2~3パネル、まとめて行ってください。

アイロン設定は根本で140℃~160℃
毛先は100℃前後
※アイロン設定は目安ですので状況に応じて異なります。


プロセス 13 【2剤 塗布】

2剤 塗布

スポイトにて下部から塗布
ジャンボコームでなじませてください。

5分放置


プロセス 14 【プレーンリンス】

プレーンリンス

『CCMバッファー』5倍希釈水をチェンジリンス
※髪のphを安定させます。

インリペアにてトリートメント


プロセス 15 【仕上げ】

仕上げ

シャンプーは24時間避けてください。
温泉やサウナもお控え下さい。